Conscience of MAGAZINE Weblog & HOMEPAGE Search

ガルパン劇場版:登場戦車の走行性能比較をアップしました2016年07月13日 20:54

ガルパン劇場版の感想、と言うよりも沢山でてきた戦車の走行性能を比較してまとめてみました。
でかい表やグラフ画像になったので、ブログではなく、ホムペにアップしましたよ。
EXCELで表やグラフを書いたけど、表の画像を貼付けたら読みにくいので、わざわざHTMLに書き直してアップしておきました。
これらのデータは某所でとある詳しい方が教えて下さったものです。
更にガルパンコンプリートブックホームページに記述している戦車のデータやWikipediaの内容を参考にして表にして、色んなデータ毎に順番に並べてみたわけです。

戦車のスペックって知らない人からしたら、一種類だけ見てもピンと来ないでしょ?だから並べて比較しないとチンプンカンプンです。

しかし、こーしてみたら戦車って遅いねえ(笑)ガルパンでは『三倍の速度』とか言ってるけど不整地ではもっと速いタイミングで動かしてるな。
速度順でみたらB1-bis89式聖グロの歩兵戦車遅さはダントツ(断然トップの略語なので間違った言葉)。
でも、この最高速度っていうのは全て整地された所での速度なので不整地では不明不整地での最高速度が記載されてる戦車もあるけど、製造諸国がマチマチで『不整地』がどの程度統一されてるのか不明だし、記述されてない戦車もあるので、表には纏めませんでした。
サイトにも書いたけど、アンツィオCV33は戦車にしては速いけど不整地では15km/hくらいしか出ない。試合場のダートでは89式と追いかけっこ出来ても不思議では無いのかなあ?
って、なんでCV33は不整地では遅いのか不明。パワーウェイトレシオも軽いのに?

また、日本戦車のパワー不足
ガルパン:西絹代嬢
よくもまあ知波単速くも無く馬力も無くしょぼい攻撃力の日本戦車で参戦するなあ。
纏めてみたらパワーだけでも黒森峰プラウダの強さが突出してる
大学選抜戦では黒森峰プラウダの助っ人参戦が無ければホントに負けてた。

大洗の8輛の走行性能はバラバラではあるけど、最高速度ではチャーフィーパーシングに負けるしパワーウェイトレシオではセンチュリオンに負ける。もっともパーシング最高速度が持続できないみたいだけど。速度や加速性能で対抗できるのは意外な事にM3中戦車リー。でもやはり遅い。

でも大洗の8輛だけだったら、鈍重なT28重戦車カール自走臼砲は足手まといにしかならなかったかも知れない。護衛にパーシングを何輛か貼付けないといけないので、実質的には使い道の無い戦力だったかもしれない。戦車道に疎い文科省役人の浅知恵だったのかも知れない。
大洗に助っ人参戦があり、重戦車軍団を殲滅する目的が出来たので、カールが活きたのかもしれない。走行性能でも突出して運動エネルギーが大きいパンター2輛を全滅させた功績は大きい。
それでもパーシングを3輛護衛に付けなきゃいけないので、継続BT-42に纏めて全滅させられる憂き目に遭うわけである。
継続高校のミカさん

また、大洗8輛だけが相手なら、速いチャーフィーの数を増やしといた方が良かったのかもしれない。軽戦車と言えど39口径75mm砲を備えており、大洗の戦車なら撃破可能なのである。
結果的には大洗の戦車は増えちゃったけど、本当は遅いパーシングよりも速いチャーフィー増やして撹乱する戦法の方が良かったのでは無いかなあ?
まあ戦車編成も文科省役人が考えたのかも知れないので、愛里寿には不本意だったのかもしれない。

表にも書いてるけど、不思議なのはガルパンコンプリートブックホームページには戦車の馬力は書かれてない。
やっぱりキリの良い大雑把な数値が多いので、信用できないのかなあ?マニアから突っ込まれるのが面倒だから書かなかったと思う。
Wikipediaで見ても、ヤードポンド法による英国馬力のHPか、メートル法によるフランス馬力のPSなのか不明な戦車もあるし。

BT-42突撃砲は戦車の割にはパワーウェイトレシオがダントツに小さく、加速性能も良さそう。見かけによらないねえ。

これらのデータ、ホントは登坂力を書きたかったのだけれど、トルクが不明なので無理でした。とほほ。
パーシングは登坂力弱いって情報があったけど、高地を登ったプラウダ黒森峰の戦車軍団もどうなの?
KV-2IS-2なんかパワーウェイトレシオ重いしKV-2トップヘビーで不安定なのに登坂力あるの?
パンターは機動性も高そうで分かるけど。
もっとも高地に登ったからカールの餌食に。

んで、纏めてみてからよく考えてみると、ドイツ・ソ連・アメリカ戦車は兎も角、他の馬力が小さくないか?
CV33は豆戦車と言っても3.15トンもある。それなのに43馬力しかない?
ガルパンのアンチョビ姉さん

CV33のエンジンはフィアットSPA CV3-005:水冷直列4気筒ガソリンとの事だけど、これってバイクの水冷直4エンジンと似た様なものか?
現在のバイクのエンジン馬力。400ccのスズキGSR400ABSですら61PSあるよ?
もっともCV332,400rpmの低回転で43馬力(ホントはHPかPSか知らん)
スズキGSR400ABS12,000rpmの高回転で61PS
エンジンの特性は全然違うが、3トン以上の車体を中型バイクより非力なエンジンで動かしてるの???

大型バイクになるとスズキの隼197PSもある。
マチルダ2知波短戦車軍団ヘッツアー89式よりもハイパワーなのだ!
男カワサキのNinjaH2Rなんかラムエア加圧で326PSも発揮するのだよ!
ルノーB1-bis4号H型三突よりもハイパワーなのだ!

中戦車って現在の大型バイクよりも馬力が小さいのか!

まあエンジン特性はバイクと戦車では全然異なるだろうけど。

戦車道ではエンジンの改造は禁止されてる設定であるが、その他は改造しても良さそう。ポルシェティーガーは電動モーター改造してるし。
(本当はモーターは原動機の事なので、ガソリンエンジンもディーゼルエンジンも電動モーターもロケットエンジンもジェットエンジンも全てモーターである。海外では電動モーターの改造も禁止してるかもしれない。)
吸排気系を改造したり、部品の精度を向上させたり、防御などに関係無い部品を軽量化させたり(耐久性は落ちる)現在の良質な燃料を使用したりしたら、結構馬力や速度が向上するかもしれない。昔の燃料は鉛なんか多く入ってて有害なので現在の燃料を使うのは認められるだろう。
実際の戦争であれば長い戦いで部品が消耗して壊れたらハナシにならないが、作品の戦車道では数時間の試合に持ちこたえたら良いだけなので、部品を肉抜きなどして軽量化するのはアリかも知れない。
スカチューンと言うヤツだ。

次は攻撃力と防御力を纏めるツモリです。